美濃白川茶のますぶち園

オンラインショップ English
  1. HOME
  2. おいしさの追求

おいしさの追求

創業精神
お茶をつくり人をつくる 味をつくり店をつくる
基本理念
私たちは、「お茶を通じてお客様に感動と笑顔」をお届けします。
私たちは、「お客様の声を生かした商品」をお届けします。
私たちは、「茶畑から心をこめて安心安全なお茶」をお届けします。
私たちは、「ひと味違うお茶づくり」に挑戦します。
品質方針
  • 顧客要求事項を的確に把握するとともに法規性等を遵守し、すべての社員が協力して、お客様に喜んでいただける製品を提供します。
  • 品質マネジメントシステムを定着させ、それを実施し、システムの有効性を継続的に改善します。
  • 社員が共有すべき行動の原則として、品質目標を定め、その達成を通じてお客様の更なる満足向上を目指します。

農事組合法人 鱒渕茶園

 ますぶち園創業のルーツでもある自社茶園「鱒渕茶園」を運営しています。茶園管理は「ぎふクリーン農業」を導入し化学肥料や農薬の使用を最低限に抑えた人と環境にやさしい栽培に取り組んでいます。“多く作るより安心して飲んでいただける質の高いお茶”づくりをめざしています。

生産農家との連携→白川新芽会

 ますぶち園で仕入れる美濃白川茶は、生産農家の皆さんとの連携により生産されています。この連携を深めることを目的にますぶち園が中心となって「白川新芽会」を運営し、消費者ニーズに合った高品質なお茶作りを目指しています。

お茶職人

 ますぶち園でお茶づくりを行うのが茶師です。茶師の仕事はとても重要で、原料となる荒茶の仕入れでは市場に出品されたお茶から、ますぶち園のお茶にふさわしいものだけを調達しています。
 仕入れた荒茶は、販売される商品ごとに最適な組み合わせを1品1品吟味しながら導き出して合組(ブレンド)されます。また、お茶の火入れ(焙煎)は日々の天候や気温・湿度で火の入り具合が変わってしまう微妙な作業ですが、妥協を許さずおいしいお茶をお届けできるようがんばっています。

安心・安全への取り組み

 食品の安全性に対する関心が高まり続けている中で、原料からこだわりぬいたおいしく安全な商品をお届けしたいと考えております。このため、ますぶち園では有機農産物の加工と小分けを行うための認定を取得し、「有機茶」として商品を販売しております。
<瑞浪市 成瀬農場>
 標高400m、岐阜県瑞浪市の半原地区に成瀬農場の茶畑が広がります。恵まれた環境の中で、成瀬三郎さんの自然への愛情と農作物へのいたわりで有機栽培が行われています。
 ますぶち園では成瀬農場で生産された荒茶を一括して仕入れ、仕上げ加工・袋詰め等の商品化を行い販売しています。

ページトップへ